レーザー治療

レーザーはどんな治療に使うの?

虫歯の治療

虫歯菌に感染した悪いところだけを取り除き、健全な部分をできるだけ残す治療ができます。

麻酔注射なしでも痛みを感じることはほとんどなく、「キィーン」という不快な音や「ガリガリ」という振動もありません。

特に、歯ぐき付近の虫歯や子供の初期の虫歯などに有効です。

歯周病の治療

レーザー光を照射することにより、歯と歯ぐきの間に付着している歯周病細菌を除去し、歯ぐきの腫れや出血を抑えることができます。


歯ぐきの黒ずみ

歯ぐきの黒ずみは、数回のレーザー照射できれいなピンク色の歯ぐきになります。


口内炎

口内炎(舌や唇に白いものができ、触れると痛いという症状)や入れ歯があたってできた傷の痛みなど、大概の痛みは、一度のレーザー照射により速やかに消失します。


知覚過敏症

歯の付け根が冷たい水でしみたり、歯ブラシで触れるとキーンと痛いなど、知覚過敏の症状にも効果があります。


歯肉の切開や切除など

歯ぐきなどの悪くなっている部分を切りとったり切開したりする場合も、痛みがほとんどなく、早くきれいに治ります。